スイッチバー体験談。梅田店出会い多すぎ問題!出会いの量と楽しさがハンパじゃなかったwww 男も女も迷ってるなら行け!!スグに行け!!

今、大阪で話題のお店といえばスイッチバー。スイッチバーが気になっている皆さまに体験談レポートをしっかりと届けたいと思います。
今、飲みながら出会えるお店がたくさんありますが、グンを抜いて話題なのがスイッチバーです。

ちょうどこの体験談を書いている時に、タイムリーに女子SPA!の記事で出会いバーのジャンルと現状が書いてたあったので引用しています。

今まで色んなジャンルお店がありましたが有名なお店は以下の特徴があるのだそうです。

【Hub(ハブ)/英国風バー】


全国に100店舗以上展開する英国風パブ。元々はスポーツ好きや海外のパブ好きのオッチャン達の憩いの場だったのが、ここ数年で一気にナンパバーへと変化。ある意味、ナンパバーの走りといえるでしょう。(女子SPA!記事より引用しています。)

 

【相席系ラウンジ】


居酒屋風からラウンジ風まで様々な形で全国に展開中。女性は無料で食べ放題、飲み放題なのが特徴。

男女比差が激しすぎて圧倒的オワコン感を出していた相席ラウンジ。いざ週末に行ってみると、女性客が多すぎてなんと40分待ち! 待合室で飲み物もなくひたすら待つ時間はまさに苦行……。

(女子SPA!の記事より引用しています。)

【スイッチバー】
筆者が1番好きな『Switch Bar』。
取材した1年前に比べるとイケメン率は下がりましたが、チャラさは健在です。平日でもそこそこの客入りで、確実に声を掛けられます。なお、男性客の話によると、カワイイ&チャライ女性客が増えたそう。
(女子SPA!の記事より引用しています。)

女性目線の女子SPA!の記事が気になる人はこちらからどうぞ⇒https://joshi-spa.jp/897172

 

スイッチバーはレベル高い!?なおさら行くしかない!

女子SPA!でレベルが高いと書かれていたスイッチバーは大阪には現在5店舗もあり、新しい出会いの立ち飲みスポットとして、20代〜30代にめっちゃクチャ人気のお店です。しかも、女子SPA!によると、【カワイイ&チャライ女性客が増えたそう。】 とのこと。もうこれは行くしかない!!

今回初めて体験しましたが、こんなに人がいるスタンディングバーって全国見てもあまりないんじゃないでしょうか?少なくとも私はスイッチバー以外に知りません。

今回は男性2人で突撃してきましたので、率直な感想と体験談をレポートして行きたいと思います。
是非、行くか迷っている人は参考になると思います。

いきなり率直な結果としてアリです!!スイッチバーの男女比は半々だと思います。

今回は、梅田エリアの3店舗に突撃してみました。(最初に1店舗に入店したら全店舗回れる、神システムを使いました。後ほど説明します)

男2人で期待と緊張でドキドキしながら、梅田茶屋町店に20時前にinしました。
受付があるので、受付で料金を支払い、お金とチケットを交換します。
(システムも後ほど詳しく説明しますね。)

受付をすませて白いのれんを潜ると、,,,,,,

【1店舗目】スイッチバー梅田茶屋街店の体験談は?

店内!!!!!!
ドーーーーーーン!!!!!!


『いや、広ッッッ!!ほんで、人が多い!!。』

今日は一日で3店舗回る予定ですので、早めに1店舗目に到着!!

早い時間とはいえまずまず人はいるので、早速女性と話すのもアリでしたが、
まだ、少し緊張してるので、、、まずはアルコールをinしないとテンションが。。

というわけで、まずはバーカウンターでお酒を確保しに行きましょう。お酒ないと乾杯しようとか言えないし。。。。

ドリンクやご飯は、バーカウンターで受付で交換したチケットを使って注文できます。
早い時間(ハッピーアワー)なら、全てのドリンクとご飯がチケット1枚でお得です。(おっ、ラッキー!!)

後ほど、料金説明しますが、1枚300円換算なので、正直安すぎる!!

ピザ頼んで、ハイボール2杯頼んで、チケット3枚(900円)!!

えっ!!これいけるん!?ヤバい、飲み屋としても普通に成立してる!!

そりゃ、若い男女に人気のお店だなと妙に納得。

飲んで食べてテンション上がってきたところで、時計をみると9時過ぎ。
周りを見渡すと。。。。。

『いや、人めっちゃ増えてるーーー!!』


これは、楽しまないと損だ!!(写真汚くてごめんなさい。。)

早速近くのいかにも仕事できるぞって感じの綺麗な女性に話しかけてみました。

僕ら2人『お姉さん。良かったら一緒に飲みませんか?』
お姉さん2人組『あっ。是非!!一緒に飲みましょう♪』

『けっこうよく来るんですか?』『普段どんな仕事してんの?』『どんな男性がタイプ?』

とか他愛のない話もしながら、つかみはバッチリ
しかもけっこう盛り上がってきたのでいい感じ!!(イケるぞ!!もっと盛り上げれる!!)

しかし、僕達2人は今日1日で3店舗に行かなければ!!という任務があるのが

悲しい….。

でもこのまま話したい。。。

悲しい….。

でも3つのお店を回らなければ、、、。

悲しい….。

う〜ん、、、仕方ない!!!!

.
.
.
.
、、、。

泣く泣くお姉さんとお別れしました(泣)(しっかりとLINEは聞きましたww)

そんな感じで別れた直後に、奇跡起きる!!!!

奇跡です。

 

奇跡なんです。

 

奇跡は起きるものです。

 

お姉さん2人組『一緒に飲みませんか?』

奇跡の一言!!

(あ〜、これはテンション上がる〜!!! でも僕ら2人には、3店舗に行かなければならない使命が、、、)
.
.
さっき別れて次に移動するって決めたところ。
.
.
.

男に二言はない!!

.

,

,

 

『はい、是非、一緒に飲みましょう♪』
てな感じで、もう少し楽しむことにしましたww
(男に二言はありましたww)

こんな流れで、自分からも、そして奇跡の女性からも声かけて貰えて、一緒に飲みながら盛り上がれるのがスイッチバーなんです!!

ほんと、コスパ良すぎやん!!って感じで梅田茶屋町店を後にします。

ちなみに帰り際の写真がコレ!!

並んでます。どうなってんのこの店。。。
はい。ここでようやく写真が綺麗になりました。(アプリの設定バグってましたww)
そして、並んでます。これがスイッチバーの茶屋町店の実態です。

【2店舗目】スイッチバー梅田阪急駅前店の体験談は?

梅田茶屋町店をしっかりと楽しんだ後は、2店舗目に移動します。スイッチバーのどれかの店舗に入店すれば、他のお店にも何回でも移動できる神システムをつかいます。

これは、皆さん絶対使いましょう。同じ金額で店舗移動して楽しめるのは普通に嬉しい

さぁ。梅田阪急駅駅前店に移動してきました。
店内は、茶屋町店と違い、少しこじんまりとしてますが、相変わらず人は居てるので特に問題なし♪

なんと、、こちらにはダーツも置いてあるのでこれはけっこう嬉しいかも。

早速、阪急駅前店ではダーツを使って、声を掛けてみることに。

僕ら2人
『お姉さん。良かったらダーツして遊びません?』

お姉さん2人組『えー、あんまりやったことないけど、やる?♪』

そんな感じでこ僕たちの力なのかダーツの力なのかわからないけど盛り上がり、意気投合!!
(たぶん、僕たちの力のはず!!ww)

しかし、まだ1店舗残ってる、でもまだ楽しみたい。。。。迷う!!

ここは、楽しみたいのをグッとこらえて、お姉さん達とお別れして次に向かいます。

(あと、1時間ぐらい遊びたかったです。LINEは交換したので良しとします。。。残念)

【3店舗目/最後】スイッチバー梅田東通り店の体験談は?

さぁ、来ました3店舗目、最後は梅田東通り店。
ほんんっと、この神システムなんなの?スゲーよ!!

それでは、梅田東通り店に潜入して行きます。

ドッキドキ・・・・。

こちらも、受付を通り、お店に入っていくと。。。

えっ、、ナニコレ。。。。

この店、スゲーオシャレ!! もはやスタンディングバーじゃないww
なんか、とにかくオシャレなお店です。

フロアは2フロアで、階段で上の階に上がれるシステムでした。
とにかく、オシャレな店内は少し、クラブみたいな雰囲気ですが、これはこれであり!!

人も十分居てるので特に問題なし!!!

さぁ、本日3店舗目の最後のスイッチバーです!!

楽しみまくるしかない!!

上のフロアには、円形のバーカウンターもあり、とにかくオシャレなまさにバーって感じの店内です。
そのバーカウンターで2人の女性が盛り上がって飲んでいたので、早速、声を掛けて一緒に飲むことに!!

僕ら2人『お姉さん。一緒に飲もみません?』
お姉さん2人組『全然いいよ!!飲も!!飲も!!!♪

 

とにかくノリが良かったので、店内にあるゲームをしながらめちゃくちゃ盛り上がりました。

あっ、オレいま普通に楽しいぃぃぃ〜♪

こんな、ノリで終始飲みながら楽しむことが出来ました!!結構、酔っぱらっちゃたけどww

2店舗と3店舗は駆け足で紹介しましたが、神システムのサーキットシステムによって、一日で3店舗も楽しめるのはめちゃくちゃ良いお店のシステムのおかげで入店から帰るまでに6人以上の女性と、LINEも交換出来ました。

この店ヤバイなー!!なんで今まで行ってなかったの?って感じ。

 

スイッチバースゲぇっす!!!!

メディアにも多数登場し、あの『マツコ会議』にも取り上げられたスイッチバー

なんでこんなにも人気なのかなと気になると、けっこうTVにも取り上げられてたみたいです。
『有吉ジャポン』そして、あの『マツコ会議』にも取り上げられていたので人気の証拠が伺えます。
マツコ会議ではマツコに『今の時代に合ったお店』と絶賛の評価もあり、元々人気なのがさらに火がついたみたいです。

料金プランと3つのお得なシステム

スイッチバーの料金システムは、全てチケット制になります。入店時に現金とチケットを交換するシステムになっています。ちなみに料金プランは時間帯によって違います。

スイッチバーの料金プラン

ハッピーアワー

ラッシュアワー

ホットアワー

最もお得に楽しむには、お店の入店前に予約することです。
LINEでとても簡単に予約できるので行く前に必ずしましょう。(20秒で出来ました)
公式HPのLIEN@の友達追加ボタン押して予約できます。

予約すると、料金換算すると1枚300円計算になります。
例えば、ハイボールを頼むと10杯飲める計算になります。とにかく安いのでまずはLINEで予約しましょう。
女性の方も予約すると600円という激安設定なのでオススメです。

イエガー飲み放題

イエガーマイスターというアルコール度数高めのお酒が飲み放題なんです。これがとにかくスゴイ、、、。一体なんでこれが飲み放題なの?普通のバーで飲んだら、普通にショット1杯で700円とかするよ。スイッチバーって頭おかしいのww

いや、頭おかしくってサイコーっす!!飲み放題なんで、お店入って駆けつけ一杯するとテンション上がってサイコー!!

【神システム】サーキットシステム

はい。やっと説明できます。スイッチバーの神システムです、その名もサーキットシステム。
一度、どこかのスイッチバーに入店すればその日はずっとどこのお店にも移動し放題です!!
これ何気に良きですよ。ホント、良きです!!

一つ注意しなくてはいけないのは、チケットについてくる半券を捨てたらダメってこと。
半券があれば大丈夫なんで、半券は捨てないで持っておきましょう。

スイッチャーシステム

スイッチバーにはスイッチャーシステムといって、スタッフがあの人と飲みたいとかの要望をかなえてくれます。
ちょつと声がかけにくいって人は、一度スタッフにスイッチャーしてもらうのもありかもね。

【神システム】サーキットシステムで出会い方も無限大

サーキットシステム、これが何よりも神!!
これ、超良いと思います!!

一度入店すると、近隣のお店にハシゴ(しかも徒歩5分圏内)できます。たった3000円払って、他のお店でも楽しめるのが良い。
これが何よりも神システムなので、是非活用しましょう。
これを活用して、3000円で出会いの人数が10人以上でした。そりゃ人気ありますね。

相席システムよりもリーズナブル(たった3000円)で出会いも倍以上ある
出会いといえば、相席システムのお店に行った方も多いんじゃないでしょうか?相席システムのお店の特徴としては、必ず相席できるが、料金がそれなりにかかることがネック。
2hぐらい座れば、だいたい一人6000円〜7000円ぐらいなのでけっこう高いです。出会いの数も相席次第なので、だいたい2組〜3組です。
そうなると、1日楽しめて、出会いの数が倍!!何よりも値段もお得なのが人気の秘密なのではと思います。

しかも、スタンドバーって響きもオシャレだと思います。オシャレな子が多かったです。
そういう良さがスイッチバーにはありますね。

最後に周りの方にも質問して見ました。

最後に周りに居た男性と女性にも話を聞いてみました。

僕ら2人『スイッチバーにはよく来るんですか?』
男性A『スイッチバーには良く行きますよ、値段安いし、出会いもあるので!お兄さん一緒に乾杯しましょう!!

 

こういうノリ嫌いじゃないですwwそのままお兄さんと30分意気投合しましたww

 

そして、改めて女性にも聞いてみます。

僕ら2人『スイッチバーにはよく来るんですか?』
男性A   『たまに行てますよ。このガヤガヤした雰囲気というか盛り上がってるのが好きだから』

僕ら2人『相席系には行かないの?』
男性A   『ったことあるけど。興味ない人と話すのが嫌。こっちなら自分の好みの人と話せるし、好きに移動もできるから楽かな〜』

僕ら2人『でも相席系無料やん?』
女性A『いやっ!! 600円も無料もそんな変わらんやん!!www』

確かに、、、、。
女性はそういった理由もあってお金払っても良いと思っているみたいでした。
是非、みなさん参考にしてみてください。

今回の突撃スイッチバーでしたが、いかがでしょうか?参考になりましたか?
本当に新しいタイプのお店だと思いますし、盛り上がって楽しく飲めるのが良いお店です。もちろん出会いも多かったのはポイント高いです。

週末の10時頃になると、梅田茶屋町店は長蛇の列が出来ていますので早めの来店をオススメします!!
流行りのスタンドバーライフを楽しみましょう。