【大人の銀座デート】2軒目選びが二人の距離がぐっと縮める!!おすすめなお店14選

大人の街、銀座。ここぞという勝負デートの時、この街をチョイスする男性も多いのではないでしょうか?女性は、いいお店を知っている男性に弱いものです。特に少し酔いが回って気持ちいい気分で入る2軒目のお店選びは非常に重要です。

1軒目を出て「どうする~?どこ行く~?」と間延びした時間を過ごしてしまうとせっかく盛り上がった気分もガタ落ち。女性が「なんだか眠たいしもう帰りたいな」と思ってしまっても仕方ありません。

逆に、素敵なお店ににスムーズに女性を誘導することができればますますお酒がすすみいい気分。「今夜は帰りたくない」と思ってもらえる可能性がぐっと上がります。

ここでは「今日は帰りたくない!」と女性に思わせてしまうような、2軒目使いにおすすめな銀座のお店たくさん紹介します。

1,Ginza Wine Bar G-5(ギンザ ワインバー ジーファイブ)

雰囲気抜群の店内で、ソムリエが厳選した数々のワインの中から特別な一杯を楽しめる『これぞ銀座』な大人のバー Ginza Wine Bar G-5(ギンザ ワインバー ジーファイブ)。

まず店名がお洒落です。

変わった形の白木のカウンターが印象的で、至る所に置かれた植物からは癒しの効果が。

ラグジュアリーでありながら、リラックスできるおしゃれ空間を演出します。

知識豊富なマスターのうんちくで、より美味しいお酒が飲めるかも。ちょっぴり背伸びして恋とお酒に酔ってみるのはいかがですか?

2,BaCChus(バッカス)

銀座駅徒歩6分、並木通り沿いのビルの2階にひっそりと佇む由緒正しき、正統派ワインバー BaCChus(バッカス)。

大きなワイングラスをはめ込んだ重厚な扉がお店のシンボルマークです。

平日は朝5時まで営業しているのも高ポイントです。

年間1万本以上のワインをテイスティングするというマスターが世界中から選りすぐったワインをグラスでお楽しみいただけます。

バーテンダーさんの接客も親切で丁寧との口コミが多く、ワイン初心者には優しく、上級者も楽しめると評判です。

店内はすっきりと落ち着いた雰囲気で、高級感が漂います。座席もカウンターとソファ席のお好きな方をチョイスできます。

チャージ料金が掛からないのも嬉しいですね。

またデリバリー、持ち込みもOKなので美味しいワインに合わせてお好きなお料理をオーダーすれば、特別な気分を味わえるはずです。

希少なワインが常時400種類以上あり、レアなワインに出会えることもしばしば。マスターにお任せすればきっとお気に入りの一杯が見つかること間違いなし。

3,and people ginza(アンド ピープル ギンザ)

銀座駅から徒歩5分。とにかく雰囲気重視ならこのお店。

店内は3つの部屋に分かれており、それぞれ違ったコンセプトが楽しめるロマンティックなおしゃれカフェ&バーです。

アンティーク調のこだわり家具にも注目です。メインフロアでは、4K画質のプラネタリウムが天井に映し出され、幻想的な雰囲気の中で食事とお酒を楽しめます。

カップルソファー席もあり、星空を眺めながら二人の距離が急接近する可能性大。

他にも壁一面のキャンドルが煌めくキャンドルフロア、カーテンで仕切られた半個室のプライベートで過ごせるスタールームなどその日の気分や二人の関係によって使い分けができる便利なお店です。

注文はタブレットで行うので、タイミング悪く店員さんに邪魔をされる心配も少ないでしょう。

食事はイタリアンからスパニッシュなど幅広く、お酒の種類も豊富です。閉店時間が曜日によって異なるので事前にチェックしておくように。

4,22(トゥ・トゥ)

銀座駅徒歩1分、数寄屋橋交差点近く雑居ビル2階にあるこのお店。常連さんが「本当は秘密にしておきたい」と語る銀座の隠れ家的なワインバー。

「22」の数字のみの看板が掲げられているだけなので、「こんな店どうやって見つけたの?」とあなたの株も急上昇することでしょう。

店内はカウンターとテーブル席がいくつかのこじんまりとした造りです。内装やインテリアは今流行りのシンプルでインダストリアルな雰囲気で、おしゃれ女子もテンションが上がること間違いなし。

なんといってもこのお店の売りはお料理です。こだわりのフレンチから締めの麺類、デザートまで珠玉の品々が楽しめます。

ピークタイムは満席必至なので、時間をずらすか事前予約がおすすめです。

グラスワインは600円~、フードメニューも1000円台のものが多数とカジュアルに立ち寄れることができるのも好感度が高いです。

重厚な雰囲気のお店のドアは横開きなので、押したり引いたりして慌てないように注意。

■公式HP: https://22twotwo.jp/

5,GOSS(ゴス)

一風変わったシステムが楽しいセルフワインバーGOSS(ゴス)は、銀座3丁目のガス灯通りにお店を構えています。

お店に入ってまず目に入るのは、カウンター中央に設置されたワインディスペンサー。

日替わりで常時24種類の厳選されたワインやシャンパンが用意されており、いつ行っても楽しめるお店です。

プリペイドカード方式なので好きなワインを好きなだけ飲み比べ。

ワインとの相性もばっちりな高級食材を使ったオリジナルメニューも是非ご賞味ください。

店内は黒を基調としたスタイリッシュな雰囲気。高級感はありながらも、敷居は高くない自然体でいられるお店です。

チャージ・サービス料がないのも、良心的です。お店は0時までの営業なのでご注意を。

6,サロン・ド・シャンパーニュ ヴィオニス

銀座駅から徒歩5分、銀座8丁目にあるシャンパンの専門店 サロン・ド・シャンパーニュ ヴィオニス。

銀座の老舗らしい華やかな空間で、非日常感を味わえるでしょう。ワインは苦手でもシャンパンなら飲めるよという女性も多いです。

店内は全25席、柔らかな照明が落ち着いた雰囲気を演出します。

こちらのお店のチーフソムリエは、過去に全日本最優秀ソムリエなどの名誉ある賞を受賞した経験もある阿部誠氏。

世界ソムリエコンクールに日本代表として出場したこともある「世界レベルのソムリエ」です。

常時360種類のシャンパンを取り揃えており、シャンパンに合わせたこだわりのフレンチ料理も楽しめます。

フードメニューはリーズナブルなものも多く、お財布にも優しく安心です。中でも焼きたてクロワッサン(180円)は口コミ高評価なので、ぜひ一度ご注文ください。

平日は2時までの営業なので、ゆっくり過ごせるのも嬉しいポイントです。

7,CASUAL BAR K GINZA(カジュアルバー ケーギンザ)

銀座にも肩ひじ張らずにリラックスできるお店もあります。

こちらは東銀座駅から徒歩4分、ビルの地下1階にお店を構えるCASUAL BAR K GINZA(カジュアルバー ケーギンザ)。

地下のお店ってなんだかワクワクしませんか?店内はよくドラマなどに出てくる「THE バー」と言った造りです。

店名の通りカジュアルな雰囲気ですが落ち着きもあり、緊張せずに気楽に立ち寄れるバーです。

あんまり背伸びしても疲れちゃうな、格好つけず自然体でいたいなという方にはおすすめのお店です。

平日は朝5時まで営業しているので、時間を忘れてゆっくり過ごせるのもポイントが高いです。

フードメニューはリーズナブルなものも多く、お財布にも優しく安心です。中でも焼きたてクロワッサン(180円)は口コミ高評価なので、ぜひ一度ご注文ください。

美味しいお酒で会話が弾めば、二人の距離がぐっと近付くかも。

8,MASQ(マスク)

最後にご紹介するのはこちらのお店。和牛ステーキとフルーツカクテルが売りのお店、MASQ(マスク)です。

銀座駅徒歩2分、すずらん通りという便利な立地にある人気店です。デートにふさわしい妖艶なエントランスにときめきが止まりません。

月~土は深夜3時まで営業しており、遅い時間からの来店もOK。

こちらで是非ご賞味いただきたいのは厳選した和牛を使用した「MASQステーキ」。

お肉の部位や焼き加減もお好みで指定でき、こだわりの本わさびやマルドンソルト、白コショウなど、お好きな調味料をつけていただきます。

またこのバーはバーテンダーさんがドリンクを作る様子をまじまじと観察できるのもポイント。会話の種にもなりますね。

旬のフルーツを使ったオリジナルカクテルは女子受け抜群です。

スタッフの接客も評判が良いので、食事やお酒もお任せしてちょっとしたサプライズを楽しむのもありです。

赤と黒を基調とした店内の内装もオーナーのこだわりが満点。うす暗くシックな空間がより一層気分を盛り上げてくれることでしょう。

背伸びデートで、とにかく彼女をメロメロにしたいならこのお店がおすすめです。

9,レイジ

広尾に本店のある、素材にこだわりを持つ本格バー。

初めての相手と行くのであれば、活気のある店員さんと話の弾む銀座2丁目店が良いでしょう。

銀座8丁目店のオーセンティックバーの雰囲気は、落ち着いた雰囲気の中でじっくりと語らいあいたい場合に最適です。

どちらの店舗もバーテンダーの心地の良いサービスが特徴的なので、初めての方でも安心してオーダーをすることができます。普通の店と同じように明朗会計なのも嬉しいポイントです。

特にこのバーでは体にうれしいフレッシュフルーツを使ったカクテルがあるので、気になる相手に「ちょっとデザートがてら、1杯飲んでいかない?」と誘うことができます。

10,オウルズ

銀座7丁目という賑やかな地区の地下にひっそりと佇む小ぢんまりとしたバー。

深紅の外観が目を引くパン屋さん、ポンパドゥールのすぐ近くに店を構えています。

お酒の数はあまり多いとは言えませんが、人柄の良いマスターの作るお酒は絶品!オーセンティックなバーらしく、つかず離れずの心地良いサービスも素晴らしいです。

デートの最中に話題が無くなった時もさりげなく会話を盛り上げてくれたりするセンスには脱帽です。

カクテルの味もとても評判が良く、特にカウンターの上に置かれている季節の果物から選んで作ってもらうフレッシュフルーツカクテルは、四季折々の味覚が楽しめるとして女性からも大人気。

置いてあるお酒の量も多すぎず少なすぎずのちょうどいい量なので、ストレスなくオーダーすることができます。

もちろん、マスターに自分の好みを伝えてカクテルを作ってもらうのもアリです。

実はこのお店、料理がとても人気があります。

ハンバーグやパスタなど、どれもありふれたメニューばかりなのですが、味はそこら辺のレストランよりもずっとセンスが良く、ちょっと早めの時間から料理を食べに来る人もいるほど。

特に数量限定のハンバーグは、バーなのに隠れ人気メニューとして多くの人に愛されています。

深夜を過ぎると銀座で働く人たちが多く来る人気店なので、落ち着いた雰囲気を楽しみたい場合は深夜前に入店することをお勧めします。

11,保志

銀座6丁目、有楽町寄りにあるこちらのお店は、銀座で多くの人に親しまれている人気のバーです。

お店のドアを引くと元気いっぱいの挨拶をしてくれて、その日の疲れが吹き飛ぶのと同時にこれからのお酒の楽しみがぐっと増します。

こういうおもてなしの心遣いが嬉しいですね。

クラシカルなカクテルから、ちょっとマニアックなものまで。お酒の種類も豊富にあるのでバーテンダーにおすすめを聞いてお気に入りの一杯を作ってもらいましょう。

バーの注文で失敗しないようにするコツは、バーテンダーの意見を素直になって聞くこと。

相手はお酒のプロなので、こういう風なものが飲みたいとちゃんと伝えれば、例えカクテルの正式名称が分かっていなくても希望通りのカクテルを作ってくれます。

保志ではできチャージ料が1,500円かかりますが、最初から最後までしっかりとしたおもてなしをしてくれるので、然るべき金額です。

こちらが気を使うことなくゆったりとした時間を過ごすことができ、デートにぴったりです。

12,ランプ

銀座のみならず、日本有数のラム酒をメインで扱うバー。

カリブ海やインド洋など、むせかえすような暑い気候でつくられたラム酒は、ライトなものからコクのあるものまで、様々な表情を見せます。

300種類もあるラム酒、その特徴一つ一つをまるでわが子の様に説明してくれるのがこのバーのオーナー。心のこもった説明を聞いていると、目の前の一杯が特別な一杯に変化します。

実はラム酒は女性に人気なカクテルにも多く使われているお酒です。というのも、ラム酒の原料はサトウキビで、スイーツの香りづけにも使われる甘い香りが特徴的なためです。

とはいえ、男性的なシャープ感を持ったものもあるのがラム酒のおもしろいところ。

ラムをベースにミントをたっぷりと使った爽やかなモヒートは、男女問わず人気のカクテルです。

ランプでは不定期でラテンミュージックのライブも開催しています。また店内で流れる音楽はカリブ海を思わせる音楽ばかり。

ラテンの空気に酔いしれる夜というのも、たまには良いのではないでしょうか。

■公式HP:http://www.bar-lamp.com/

13,しぇりークラブ

ひとつの酒に特化した店と言えば、銀座しぇりークラブを忘れるわけにはいきません。

シェリー酒というのは酒精強化ワインというタイプのお酒で、ワインの様にブドウから作られるのですが、途中でアルコールを添加して発酵を止める変わった製法で作られるお酒です。

このしぇりークラブでは、なんと扱うシェリー酒の数が世界1ということでギネスブックにも載ったことのある、ちょっと変わったバーなのです。

もちろん、バーテンダーのシェリー酒にかける情熱は並大抵のものではありません。

もちろん、ゆっくりと二人だけの時間を過ごすこともできるのでご安心を。おもてなしをちゃんと心得ているバーテンダーなので、場の空気をしっかりと読み取ってくれます。

お酒に関することであっても、いつまでも勉強する姿勢を忘れないというのは、人の目によく映るものです。

ここに行くとシェリー酒のいろはを親切に教えてくれるので、気になる人と一緒に行ってお酒のレクチャーを受ける「大人の学校」として使うことができます。

14,スタア・バー・ギンザ

きれいに磨かれたグラス。まるで博物館のように並べられた世界の酒のボトル。黒く艶やかな長いカウンター。

これらは、私たちが「オーセンティックバー」と聞いてイメージする、まさにオーセンティック(真正)なイメージではないでしょうか。

銀座1丁目にあるスタア・バー・ギンザは、まさにこの映像を現実世界に落とし込んだかのような、クラシカルな雰囲気で人気のあるバーです。

しかし、人気なのは店の内装だけではありません。

ここのオーナーは過去にカクテルの世界コンペ・ロングカクテル部門で優勝した経歴を持つ、腕もオーセンティックな方なのです。テーブルチャージ1,100円で味わえる世界を制した味は、銀座でも特別な一杯になることでしょう。

こんなに盛りだくさんのバーでも、落ち着いた雰囲気はデートにぴったりの空間。

いつも絶妙なタイミングでスッと入ってくるマスターとの会話を楽しみながら、銀座ツウだけが楽しめる一段格上の銀座の時間を楽しむことができます。

番外編 支那麺はしご ~シメまで気を抜かないのが銀座の大人~

さて、夜も更け銀座でグラスを片手にゆっくりとした時間を過ごしたら次は何をするべきでしょうか?

タクシーを呼んで帰る?いえいえ、人間お酒を飲んで時間が経ったらお腹がへるものです。最後のシメまで考えるのが銀座の大人です。

お酒の後の定番メニューといえばラーメン。銀座から少しだけ移動して新橋駅まで行けばらラーメン屋はごまんとあります。

しかし、せっかくここまで特別な店をリサーチしてきたのですから、シメのラーメンも特別な店を選びたいところ。

とはいえ、ラーメンにラグジュアリーさやおもてなしの心を求めてはいけません。ラーメンに求めるのは、味だけです。

銀座8丁目という、銀座の終わりのブロックに店を構える支那麺はしごは、夜の銀座で働く女性たちに長年親しまれているラーメン屋です。

ここの看板メニューは何といっても、スパイス加減が病みつきになる中毒性のある担々麺。

ちなみに、ここでは担々麺とは言わずにだんだん麺と言います。

こってりしているけどなぜか箸が止まらないはしごのだんだん麺も、銀座では知る人ぞ知る名物料理です。

始発前の駆け込み寺のように寄って食べているお客さんもちらほら…

営業時間も朝5時までなので、かなり遅くまで飲んでしまった日でもはしごならシメの一杯を頂くことができます。

Leave a Reply