おしゃれな街、東京・恵比須で出会いたい!初対面の男女でも気軽に楽しめる話題のスポットを調査

夏のシーズンも終わりをつげ、段々と秋が深まるにつれて朝や夜は気温も涼しくなってきましたので、皆さんもアクティブに動きやすい時期になってきたのではないかと思います。

涼しくなってきたこともあり、普段はあまり行かないようなエリアを散策して新たに遊べるスポットを開拓をしてみようと暇つぶしにでも街ぶらをしてみようと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

秋から冬にかけては夏の終わりの寂しさもあり、なんだか人恋しい季節でもありますよね。

恋人などのパートナーのお相手がいる方は別として、独り身で寂しい夜を過ごしている男女にとっては、新しい出会いのきっかけなどもほしくなってしまう時期でしょう。

そこで今回はおしゃれで人気の高いエリアとして有名な東京・恵比須にスポットをあて、男女の出会いのきっかけにもなりそうな話題のお店やスポットがないかリサーチをしてみましたので、いくつかご紹介していきたいと思います。

恵比須はオフィスも意外とたくさんあるので、アフターシックスなどで遊んで帰りたいというOLの方や、おしゃれで洗練されているお店も多いことからトレンドに敏感な女性たちがこぞって集まりやすいエリアとも言われています。

意外と知られていないナンパスポットや、たまたま偶然に居合わせたお店で初対面の男女が仲良くなれちゃうというようなシチュエーションも充分ありえますので、恋人がほしいという方はぜひ参考にして、恵比須にくり出してみましょう!

1,パブリックスタンド恵比寿店

パブリックスタンドは東京都内に13店舗ほど展開しているバーのお店です。

恵比須店は昨年の1月にオープンした比較的新しいお店で、店内はブルックリンをイメージした内装でおしゃれな立ち飲みバーのスタイル。

手軽でカジュアル・リーズナブルに数種のカクテルなどのお酒を楽しめるということで人気のお店です。

場所は恵比須駅から徒歩ですぐに行ける距離で便利なアクセスの立地にあり、ビルの2階にひっそりとおしゃれな佇まいを見せています。

なかなかの人気店なのか、週末は結構並んで入店をまっているお客さんの列ができていることもあるそうですよ。

中でも合コンや女子会などの帰りで女性だけのグループ客や、常連さんではひとりで来る女性も結構いるみたいです。

女性客が比較的入店しやすいのには、どうやら料金形態に秘密があるみたいです。




ここは飲み放題のメニューのみとなっていて、男性は3000~3500円(税抜き、平日か週末料金で異なります)かかりますが、女性はなんと平日・週末ともに一律で税抜き1000円と格安で入店できちゃいます!

しかも時間無制限で時間帯によっては別途サービス割引もありますし、お店の営業時間は朝の5時までということもあって、2次会や3次会でもまだ遊び足りない、もっとお酒が飲みたいというような女性たちが遅い時間になってもくることもあるため、男性のお客さんからはひそかなナンパスポットとしても知られているそうです。

店内はわりとせまめなスペースですが、カウンターと各テーブル席があり、席同士の区切りもわりと曖昧でラフな造りになっているため、見知らぬ人同士での距離感が近かったり、たまたまカウンターやテーブル席で隣同士になった男女がさらっとなにげなく話しやすい空間が生まれやすいことから、巷では「出会いバー」とも呼ばれているとか。

ただし週末の夜10時以降くらいになるとかなりの混雑が予想されるほどの人気店なので、店内での人込みも窮屈に感じたり、お酒の追加注文もなかなかスムーズにいかなかったりしますので、その際は少し早めの入店を心掛けるか、他店舗で時間をつぶしてから遅めの時間に改めて偵察にきてみるという方が良いのかもしれません。

ただお店の雰囲気としては一人でも、友人を誘っても気軽にリーズナブルに楽しみやすいカジュアルなイメージの立ち飲みバーなので、出会いのきっかけが欲しい方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

2,恵比須横丁

昭和の時代に人気があり栄えていた今はなき、山下ショッピングセンターの跡地に個人出店で面白いことをやりたいと集まってきた店主たちで横丁ブランドとしての活気を再びこの地で取り戻そうと発足されたことがきっかけで生まれたグルメスポットがここ、恵比須横丁です。

商店街の再生目的や、個性的な飲食人が活躍できるフィールドの創造などをコンセプトやテーマとしてかかげてこられていますが、今となってはその活気から若者たちの憩いの場となっており、また一時期メディア関連でも度々取り上げられたことがきっかけで有名となり、今では恵比須の中でも有名なナンパスポットとして知られています。

美味しいとしか言えない商品です。やや量が少ない?と思う方もいらっしゃいますが裏なんばはちょっと食べて すぐ次の店に行くという風潮が多いのでこれくらいの量でちょうどいいのかも知れません。

ナンパをしたい男性も、ナンパされたい女性も集まりやすいそうなので、需要と供給がうまくマッチした出会いのきっかけを作るには最高な環境ではないでしょうか?

ここ恵比須横丁の敷地内には20店舗の様々なジャンルの飲食店が立ち並び、お酒や食事を楽しむことができます。

軒並み立ち並ぶ店内は比較的にせまめな構造なため、たまたま隣同士になった男女だったり、相席になった男女同士で仲良くなったりすることも多いとか。

ただしお店によっては「ナンパ禁止」のルールが掲げられているところもあるそうなので、特に男性はあきらかにナンパ目的っぽく女性に手当たり次第声をかけるのはやめておいたほうがよさそうです。

あくまで自然な会話の流れや空気感の中で親睦を深めるように、大人向けの社交の場ということを意識しつつ、出会いを求めてこの地へのぞみましょう!

■オフィシャルサイトhttp://www.ebisu-yokocho.com/top.html

3,HUB恵比須店

東京都内に数店舗を構える英国のパブリックハウス風のバーを主軸のスタイルとしたおしゃれなお店です。

HUBは渋谷や六本木の店舗は立ち飲みバーのスタイルということもあって特に人気らしく連日賑わいをみせているようですが、ここ恵比須店もひそかにナンパスポットとして人気を博しているようです。

平日の夜は主に常連さんや会員のお客さんが落ち着いた雰囲気でゆっくり飲んでいるイメージですが、週末になると一元さんをはじめ多くの若者でにぎわいます。

恵比須店は他店舗と比べ曜日によってお客さんの層やお店の雰囲気も様子が変わるため、入店前には少し店内を偵察してから入店するほうが無難みたいです。

女性のグループで利用される方も多く、中にはモデル級の美女もよく来店されるとか!?男性にとってはうれしいナンパのしがいがある宝庫的なお店ということでしょうか。

またHUBはサッカー観戦ができるパブリックビューイングのイベントにも力をいれており、日本代表戦やJリーグの試合中継を放映していることがあるので、イベントの際はサッカーの応援をしにくる方たち同士で一緒に盛り上がれる可能性もあるので、見知らぬ異性ともサッカー観戦を通じて仲良くなれちゃうかもしれませんね。

お店のコンセプトとしても、誰しもが気軽に立ち寄れて楽しめるスタイルなので気兼ねなくリラックスしてお酒を楽しめるスペースなので、出会いのきっかけも作りやすい雰囲気なのかもしれません。

■オフィシャルサイトhttps://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/31

4,相席屋恵比須店

ナンパなどで見知らぬ人に声をかけるのはちょっと苦手だという方にとっては非常に便利でありがたいお店のひとつがこの相席屋になります。

全国でも広くチェーン展開されていることで有名ですが、ここ恵比須にはなんと2店舗もあります。

相席屋の基本的なスタイルとしては、女性同士で飲んでいる席に男性同士のお客さんが相席する形で同じ席に参加し、一緒に飲み会をすることができるという画期的なスタイルが人気ですね。

女性側もはじめから出会い目的だったり、男性と一緒に飲みたいと思って入店されている方がほとんどなので、そういう気分ではない女性を手あたり次第ナンパするよりもはるかに仲よくなれる可能性が高く効率的というわけです。

タダ酒目的で来る女性も最近は多いみたいですが、中には合コン感覚で真剣に出会いを求めて来店される女性もいるので、出会いに困った時は迷わず相席屋で決まりだと思います。

しかし女性客がいなければ意味がないのではと考える方もいるかもしれませんが、女性客を安定的に確保できてしまう秘密として、女性客は飲食がすべてタダというメリットが最大の特徴でもあります。

【まとめ】

東京・恵比須で話題の男女が出会えるスポットをいくつかご紹介していきました。

街の空気感としては渋谷や六本木のような華やかさや派手さはないものの、恵比須はおしゃれな人やビジネス帰りの人達など比較的大人の遊び場としてのイメージが強い場所でもありますので、あからさまなナンパなどには不向きかもしれませんがこういったおしゃれなお店などで知り合えるきっかけも充分に可能性がありますので、皆さんも色んな場所にまずは足を運んで頂き、出会いのきっかけを積極的に作ってみてください。

Leave a Reply