「気になるあの子を遊びに誘いたいけれど…一体どこに行くのが正解だろう…?」 「友達と遊ぼうにも、カラオケやスポッチャばかりで飽きてきた。他にないかな…」 こんな悩みを抱えていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。定番のデートスポット等、ネットで調べれば沢山の情報が手に入る世の中になりましたね。でも、結局どこがいいのか分からない、気になるあの子は、どこに誘えば喜んでくれるかも分からない。そんなあなたに朗報です。今回は、京都の数あるデートスポットの中でも、おススメをタイプ別に6つまで絞り込みました。相手のタイプに合わせて場所を考える、参考にしてみて下さいね。

【京都特集】計画に支障なし!雨でも遊べる京都のスポット6選

京都で雨が降っても楽しめるデートスポットを一挙大公開!!

言葉を使わない舞台演出集団!

・ GEAR(ギア)

日本発の、ノンバーバル(言葉を使わない)パフォーマンス集団です。映像や音響、光と連動させて、体の動きやジャグリング等のパフォーマンスのみで物語を展開していきます。音楽にも、全く歌詞の存在しないインストルメンタルというジャンルが存在しますが、それの舞台演出verですね。ホームページでイメージ動画を見ることが出来るのですが、それだけでも「圧巻」の一言でした。是非一度、ホームページをご覧になってみて下さい。 人気も出てきていて、2017年10月に行われた100席限定の劇場で、観客動員数15万人を突破しています。制作活動などで、感性を大切にされている方には特におススメです。

【住所】京都市中京区三条御幸町角 弁慶石町56 1928ビル3階
【営業時間】午前10時~午後19時
【電話番号】075-254-6520
【料金】ホームページをご確認ください
【アクセス】阪急電車「河原町駅」下車【9】番出口から北へ徒歩8分
【ホームページ】http://www.gear.ac/

知る人ぞ知る遊びスポット!

・ 京都文化博物館

その名の通り、京都の歴史と文化を知ることができる博物館です。「博物館なんて見て回るだけでしょ?本当に楽しいの?」と思われる方もいると思います。ご安心ください。開館されたのは昭和63年(1988)ですが、平成23年(2011)に「ほんまもん」を体感できる博物館を目指しリニューアルしているので、知る人ぞ知るデートスポットへと変化しているのです! 2~4階では、京都にゆかりのある企画や特別展を頻繁に行っています。それだけではなく、なんと3階にフィルムシアターまで完備しているのです!京都府所蔵の名作映画を順次上映しているので、普段、中々目にする機会のない映画を見ることができます。 このほか、重要文化財に指定されている別館や、古き良き京都の街並みを再現した老店舗など、沢山の見どころがあります。是非一度、足を運んでみてはいいかがでしょうか?

【住所】京都市中京区三条高倉
【営業時間】10時~19時30分(入場は19時まで)
【電話番号】075-222-0888
【料金】一般:500円
【アクセス】地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分
【ホームページ】http://www.bunpaku.or.jp/

古き良き、京都の下町を感じられる場所。

・ 錦市場商店街

京都の食材が一同に集結する場所である為、「京の台所」と呼ばれる錦市場。商店街の振興組合に所属している店舗数は126店舗あり、食べ歩きをするには持ってこいの場所です。食べ歩きをするような店舗ばかりかと言えばそうではなく、美味しいナポリタンのお店や居酒屋など、そのお店の種類は多岐にわたります。 中には、バウムクーヘンを販売しているうどん屋さん(もちろんうどん自体もとても美味しいです!)など、実におもしろいユニークな店舗もあるので、1日かけて商店街の隅から隅までを堪能してみるのも良いのではないでしょうか。




【住所】京都府京都市中京区錦小路通青町~高倉間
【営業時間】店舗によって異なる
【電話番号】075-211-3882(各店舗への問い合わせはホームページの店舗詳細より)
【料金】店舗によって異なる
【アクセス】地下鉄烏丸線「市場駅」下車
【ホームページ】http://www.kyoto-nishiki.or.jp/

モダンレトロなオシャレ施設!!

・ 京都国際漫画ミュージアム

今や世界から注目されており、図書館としての機能と博物館としての機能を兼ね備えています。 まず何より、施設の雰囲気が何ともオシャレ。昔の小学校を改築した施設だそうなのですが、漂ってくるモダンでレトロな雰囲気がたまりません。 漫画資料の収集・保管・公開に加え漫画文化に関する調査研究、それらの基づく展示やイベント等を行うことを目的にしているらしく、簡単に言うと「漫画読み放題、漫画についての資料も読み放題、たまにイベントをやっている」施設です。 漫画好きには堪らない施設ではないでしょうか。中にはカフェも併設されており、わざわざ外に出ずとも、ほっと一息つくことができます。雨音を聴きつつ、モダンレトロな雰囲気の中で漫画について語るのも良いのではないでしょうか。

【住所】京都市中京区烏丸通御池上ル
【営業時間】10時~18時(入館は17時30分まで)
【電話番号】075-254-7414
【入場料】大人800円 中高生500円 小学生100円
【アクセス】地下鉄「烏丸御池駅」下車【2】番出口より烏丸通へ、烏丸通北へ徒歩2分
【ホームページ】http://www.kyotomm.jp/

以外と盲点!?施設が充実!!アクセス良し!!

・ 京都駅ビル

駅に直結、ショッピングモールや美術館、はたまた映画館や博物館まで完備しています。 遊びに行く場所を探す際に、意外と盲点になる場所ではないでしょうか。 駅直結なので常に人が多いイメージですが、そこにさえ目をつむればとても良いデートスポットだと思います。 時期と時間帯によっては、階段を利用したイルミネーションも行われるので、ムードを演出するのにもうってつけです。 余談ですが、こってりしたものが好きであれば10階に併設されている拉麺小路なんかもオススメですよ。沢山の種類の拉麺店が併設されているので、これを楽しみに遊びに来るのも良いかもしれません。

【住所】京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
【営業時間】10時~20時
【電話番号】075-352-1111(伊勢丹 代表)
【入場料】無料(美術館「えき」KYOTOは入館料が必要です)
【アクセス】JR、近鉄、地下鉄「京都駅」直結
【ホームページ】http://www.kyoto-station-building.co.jp/index.htm

充実の屋内施設と風情を味わうならここ!

・ 東映太秦映画村

東映太秦映画村と言えば、撮影に使われるような町並みを歩きながら楽しむもの、という印象が強く「雨に日には向かないんじゃない?」と思われる方も多くいるかと思います。 しかし、8つのトラップを突破するアトラクション「レーザーミッション脱出の城」や2018年2月17日よりオープンした、京都の老舗商品を扱う新店舗「老舗モール 藝(わざ)」など、意外と屋内の施設が充実しているので安心です。 そして何よりも、雨のしたたる町並みも風情があるもの。 雨音に耳を傾けながら、存分に映画の世界を堪能するのも、新たな醍醐味の一つではないでしょうか。

【住所】京都市右京区太秦東蜂岡町10
【営業時間】月と曜日によって異なる(ホームページ参照)
【電話番号】0570-06-4349
【入場料】大人2200円 中高生1300円 子供(3歳以上)1100円
【アクセス】JR「太秦駅」より徒歩5分
【ホームページ】http://www.toei-eigamura.com/

いかがでしたでしょうか。定番のスポットから少しマイナーなスポットまでご紹介させて頂きました。 「6つとも良さそうだけど、どこにしようか迷ってしまう」という方は、まずは最も色んな施設が揃っている、 京都駅ビルをオススメします。そこでの相手の反応を見て、次の作戦を立ててみても良いかもしれません。

長くなってしまいましたが、最後まで目を通して頂きありがとうございました。あなたにとっての、最も良いスポットが見つかることを心より祈っています。