最高級の温泉と料理を楽しむ!京都の高級宿泊施設6選

最高級の温泉と料理を楽しむ!京都の高級宿泊施設6選

古都・京都には年間で約6,000万人の観光客が訪れます。宿泊施設もリーズナブルな価格で泊まれる宿から、人生で1度は利用してみたいと思わせる本物の高級旅館、ホテルまでさまざま。今回はそんなバラエティ豊かな京都の宿の中から、おすすめの高級旅館、ホテルを厳選しましたので紹介したいと思います。

■俵屋旅館

俵屋旅館は創業300余年の京都屈指の老舗旅館の一つです。地下鉄京都市役所駅前から徒歩5分とアクセスも良好な宿泊施設であるため、毎年観光シーズンを中心に多くの人が訪れています。この俵屋旅館の最大の特徴というのは公式HPを持っていないこと。

ひと昔前であればこのような旅館、ホテルは多かったですがインターネットが発達した現在においては非常に珍しい特徴を持った旅館ともいえます。公式HPを持っていないため、俵屋旅館の全てを知るには実際に宿泊するしかないという少し謎めいた雰囲気を醸し出しているのも、この旅館の魅力ではないでしょうか。

前述のように創業300年の歴史を持っていることもあり、過去に俵屋旅館に宿泊した人物も初代内閣総理大臣の伊藤博文、Apple創設者でもあった故スティーブ・ジョブズと錚々たる顔ぶれ。施設の外観は決して煌びやかなわけではなく、どちらかといえば老舗旅館らしい古さを感じさせます。

しかし、外観も含めて各設備がキッチリとメンテナンスされており、宿泊客が安心して泊まれる環境がしっかりと整っています。旅館の醍醐味でもある温泉も大浴場はありませんが、高野槇(こうのやまき)を使用して造られた浴層は香りも良く抜群の居心地の良さを与えてくれるでしょう。老舗らしい美しい日本料理も一口ずつ噛みしめながら堪能しておきたいところです。

■営業時間:14:00(チェックイン) 11時(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
■最寄駅:京都市役所駅前
■公式HP:なし (食べログ)https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26002127/

■あまやどりの雨 雨情草庵

あまやどりの雨 雨情草庵がある地域は古くから天気が変わりやすく雨も多いことで知られています。丹後の食が魅力的なのも、この恵みの雨が山の幸や海の幸を育むためです。そのような良好な食材を生み出してくれる雨に感謝したいというコンセプトのもとで雨情草庵は営業しています。

この旅館では和室、ベッドルーム、リビングなどがそれぞれ独立した離れに設置されており、広々とした空間は心が休まるという声が非常に多く聞かれます。また旅の疲れを癒す温泉も夜になると星空を独り占めできるデッキテラス付きの露天風呂を完備しており、何もかも忘れることができる風景も思う存分満喫することが可能です。

その他では雨情草庵に1棟しかない贅沢な部屋「宗家」にも注目。宗家はこの旅館においては最高級の部屋であり、新潟から築150年の古民家を移築したものです。古き良き日本を代表する囲炉裏、150年の歴史が詰まった古材など現代社会において過去にタイムスリップした雰囲気を感じることができる貴重な1室となっています。冬季限定の松葉蟹など魅力的な海の幸、山の幸も堪能できるため、温泉よりグルメのほうが大好きという方でも文句なしに楽しめる旅館です。

■営業時間:14:00~17:00(チェックイン) 11:00(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京丹後市網野町木津247
■最寄駅:木津温泉駅
■公式HP:https://www.ama-yadori.com/

■フォーシーズンズホテル京都

カナダに本部を持ち、今では世界各国で数多くの宿泊客を迎え入れている国際的なフォーシーズンズホテルが2016年秋に京都にオープンしました。外資系高級ホテルと古き良き京都の文化が融合したフォーシーズンズホテル京都はここでしか味わえない独特の心地良さを感じることができます。

このホテルがある場所というのは約800年の歴史を持つ名庭「積翠園」の敷地内です。そのため静かな空間と季節に応じて変化する景観も心ゆくまで満喫することができます。宿泊客を迎え入れるエントランスも大型のアーチ型となっており、非常に印象的。

客室も大型の窓から立派な庭園を望むことができる「プレミアガーデンビュールーム キング」や上質な木材を用いて見事な高級感を感じさせる「プレミアルーム ツイン」などバラエティ豊かな部屋を用意しています。伝統的な建築様式を取り入れた茶室(積翠亭)では優雅なお茶会を楽しめ、平安貴族の気分も味わえるのではないでしょうか。

また積翠亭は夕方から日本酒やシャンパンを堪能できるオシャレなバーに変化し、大人のリッチな時間を有意義に過ごすこともできます。ホテル3Fでは世界からも注目される「鮨 和魂」の高級感あふれる極上鮨も堪能することが可能です。

■営業時間:15:00(チェックイン) 12:00(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京都市東山区妙法院前側町445-3
■最寄駅:京都駅
■公式HP:http://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

■要庵西富家

京都市内の中でもひときわ観光客で大きなにぎわいを見せる四条通。要庵西富家はこの四条通と三条通をつなぐ富小路通に旅館を構えています。日本の伝統的な建築様式でもある数奇屋(茶室風)造りの要庵西富家はその敷地内に一歩足を踏み入れただけで京の町の香りを楽しむことができます。

玄関まで続く通路は夜になると温かみのある優しい照明で照らされ、日中とはひと味違う美しさを醸し出しており、こちらも注目したいところ。全部で7室あるスイートルームは全て異なる造りとなっており、日常生活では体験できない優雅な1日を過ごせること間違いなしです。自慢の料理は京の台所ともいわれる「錦市場」から新鮮な食材だけを仕入れており、本格的な京懐石を堪能することができます。

上質なサービスはもちろんのこと、ユニークな体験を提供できるホテルやレストランのみが加盟できるという狭き門「ルレ・エ・シャトー」にも認定されており、世界にも認められた数少ない日本の旅館の一つです。京都観光を鮮やかに彩るには十分すぎる高級宿泊施設といえるでしょう。

■営業時間:14:00(チェックイン) 11:00(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京都市中京区富小路通六角下る骨屋之町562
■最寄駅:四条駅
■公式HP:https://www.kanamean.co.jp/

■旬味草菜お宿 芹生(せりょう)

7年連続でミシュランガイドにも掲載されている料理旅館の旬味草菜お宿 芹生(せりょう)。大原にある天台宗の寺院・三千院の畔に佇むこちらの旅館は美しい庭園が魅力的です。また本格的な料理は自然の食材を活かしたメニューが主役。

古くから京都の食文化を支えてきた京野菜は農薬などを使用していないため、小さな子どもでも安心して食すことができるのが嬉しいポイントです。これらの体に優しい食材を使った料理は季節ごとにメニューを変えており、年間を通して旬の京料理を楽しむことができます。

またヘルシーな豆乳を使用した黒毛和牛のしゃぶしゃぶなども提供しているため、カロリーを気にする女性でも思う存分、旅先での食事を満喫することができるでしょう。これらの料理とともに楽しみたいのがやはりお酒です。芹生では10種類を超える京都の日本酒を提供しており、いずれも各料理、食材との相性も抜群です。

地下1,200メートルから豊富に湧き出ている温泉は開放的な気分を心ゆくまで堪能できる露天風呂で満喫することができます。料理、お酒、温泉と3拍子揃った京都を代表する高級旅館ともいえるでしょう。

■営業時間:15:00(チェックイン) 10:00(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京都市左京区大原勝林院町22
■最寄駅:国際会館駅
■公式HP:http://www.seryo.co.jp/index.html

■翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル

平安時代から貴族の避暑地として親しまれてきた嵐山地区にホテルを構える翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル。こちらのホテルも古き良き京都の伝統と現代のスタイリッシュなデザインが融合した建物となっており、時間の経過とともに高品質な宿泊施設だという感情が心の中に生まれてくることでしょう。

すぐ真横にある保津川では鴨などが気持ち良さそうに泳ぎ回っており、その風景は見ているだけで旅の疲れを癒すことができます。またこの保津川の絶景は客室からも眺めることができるため、部屋でのんびりとくつろぎながら非日常的な生活を楽しむのもおすすめ。

低張性弱アルカリ温泉は肌が弱い方にもぴったりの泉質であり、神経痛、疲労回復、筋肉痛などに効果があるとされています。客室数は全39室。そのうちの17室には専用の露天風呂が付いており、人目を気にせずに温泉を満喫したいという方でも問題なく高級旅館の醍醐味を味わうことができるでしょう。

月をモチーフにした客室や和と洋の空間を楽しむことができる柚葉(ゆずのは)など各世代に支持されるようなデザインを施した客室は魅力的の一言に尽きます。絶景の嵐山を望みながら至福のひとときを過ごすことができる貴重な高級ホテルといえます。

■営業時間:15:00(チェックイン) 12:00(チェックアウト)
■定休日:なし
■住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12番
■最寄駅:嵐山駅
■公式HP:http://www.suirankyoto.com/

Leave a Reply