京都に遊びに行く時なら寺社仏閣だけじゃない!京都でおすすめの建築・美術館6選

京都に遊びに行く時なら寺社仏閣だけじゃない!京都でおすすめの建築・美術館6選

古都・京都には世界的に有名な清水寺・金閣寺・銀閣寺といった寺院などがあり、毎年これらの歴史あるスポットを目当てに多くの観光客の方が訪れています。この日本屈指のスポットと比較すると知名度という点では見劣りするかもしれませんが、実は京都では美しき芸術や美術などを楽しむことができる建築物や美術館も豊富。

京文化と呼ばれる独自の文化&芸術を静かな空間でじっくりと堪能できるだけに、人で賑わうスポットにちょっと疲れたら立ち寄ってみるのがおすすめです。今回は京都府でおすすめの建築・美術館を厳選しましたので紹介したいと思います。

 

■京都国立博物館
1897年、明治30年の開館という長い歴史を誇る京都国立博物館。主に京都が首都であった平安時代から江戸時代までにかけての京文化をメインとした文化財を保管・展示しています。

開館当時は帝国京都博物館という名称となっており、レンガ造りの本館や庭園中央にある噴水などは思わず立ち止まってしまうほどの美しさです。明治に入った日本では文化財などの価値の見直しが行われ、近代化の開発により各地に点在している重要な文化財は崩壊の危機に直面していました。

京都国立博物館はこれらの文化財を保護する目的で急設された建物であり、京都や奈良に点在していた文化財を後世に伝える役割も担っています。貴重な文化財やコレクションの数は優に1万点を超えており、現代を生きる人たちに多くの魅力と感動を与えてくれています。

国宝でもある「絹本著色十二天像」や「紙本墨画淡彩天橋立図 雪舟筆」などを中心に学生時代に教科書でも目にしたことがある有名な作品も展示されているため日本の歴史というのを思う存分学ぶことができる博物館ではないでしょうか。また1年に数回、特別展を開催したり夏には講座も行うため歴史に興味がある子どもにもおすすめのスポットです。

■営業時間:(火~木・日)9:30~17:00 (金・土)6月は9:30~20:00 7月、8月、9月1日・2日は9:30~21:00 ※入館はいずれも閉館の30分前まで
■定休日:月曜日・年末年始(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
■住所:京都府京都市東山区茶屋町527
■最寄駅:七条駅
■公式HP:http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html

 

■京都市美術館
京都市左京区岡崎にある都市公園・岡崎公園内に位置する京都市美術館。昭和8年の1933年開館であり、公立としては東京都美術館に次いで2番目に完成した美術館でもあります。昭和天皇即位の礼を記念して建設の計画を立てられた施設でもあるため、開館当初は「大礼記念京都美術館」という名称でした。

ちなみに本館の設計を担当したのは戦前に数々のコンペに入選して「コンペの前健さん」の異名をとった東京美術学校出身の有名建築家・前田健二郎氏です。京都市美術館では約2000点以上の美術品などが常時展示されており、その中には上村松園・小野竹喬・福田平八郎といった京都で有名な作家の作品も所蔵しています。

近代から現代までのコレクションを楽しみたいという方には特におすすめの美術館ではないでしょうか。また常設展示の他にも一般市民の方を対象にした公募展なども開催しているため「作家としての実力を試したい!」という方の登竜門的な役割も担っている美術館ともいえます。美術講座、ワークショップなど訪れる人を飽きさせないイベントも多数開催しており年間を通して楽しめるのが京都市美術館の大きな魅力ではないでしょうか。

■営業時間:9:00~17:00 (入館は16:30まで)
■定休日:月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始
■住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
■最寄駅:東山駅
■公式HP:http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/

 

■京都国立近代美術館
京都市美術館と同様、岡崎公園内にその施設を構える京都国立近代美術館。古都・京都を中心に関西や西日本の近代美術に比重を置いており、画壇の日本画や洋画などを積極的に収集・展示しているのが大きな特徴でもあります。近代美術館と名が付くように建物も近・現代をイメージさせ、スタイリッシュで美術館らしい美しさを醸し出しています。

ちなみにこの美術館の本館は京都市勧業館の別館を改装したものですが、新館は幕張メッセやテレビ朝日本社の設計も担当したプリツカー賞建築家の槇文彦氏が手掛けたものであり、館内からは平安神宮の大鳥居や京都の東側に位置する東山などの景色を望むことが可能です。

展示方法としては所蔵している作品を適宜展示替えする常設展示と特定のテーマに基づいた作品を内外から集めて展示する企画展などであり、こちらも年間を通して関西で活躍した近代画家の作品を思う存分堪能することができます。

喫茶室やショップ等の施設も館内には入っており、観光の疲れをちょっと癒したいという方にもおすすめです。また岡崎公園は春の桜が綺麗なことでも知られており、桜シーズンは花見とセットで美術、芸術を楽しむこともできます。

■営業時間:【通常時間】9:30~17:00(入館は16:30まで) 【夜間開館】毎週金・土 9:30~20:00(入館は19:30まで)
■定休日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館日)・年末年始
■住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
■最寄駅:東山駅
■公式HP:http://www.momak.go.jp/

 

■ロームシアター京都
京都市が所有するロームシアター京都は1960年(昭和35年)に開館した施設であり、正式名称は京都会館です。施設の老朽化のため2012年に大規模な改修工事が行われ、それに伴ってネーミングライツによる名称変更が行われました。

京都府内では唯一2,000座席を超えるコンサートホールでもあり、開館から90年代までは地元のプロオーケストラ集団でもある京都交響楽団の定期演奏会が行われていた施設としても知られています。ちなみにこのロームシアター京都の開館時の設計を担当したのは建築界では知らない人はいないといわれるほどのモダニズム建築家の前川國男氏です。

前川氏は近代建築という意味ではヨーロッパに遅れをとっていた日本に正真正銘の近代建築を根付かせた人物の一人でもあり「日本建築学会賞」「BCS賞」「DOKOMOMO100選」を受賞した東京文化会館や「BELCA賞ロングライフ部門」に選出された青森県の弘前市民会館など数々の作品をこの世に残してくれました。

前述のようにロームシアター京都は大規模工事によりリニューアルされており、当時の建物の姿を見ることは残念ながら不可能ですがそれでも既存の建物の魅力を活かした上で新しく生まれ変わることを意識して工事を行ったため近未来感とレトロ感の両方を肌で感じることができる施設になっています。

1階は京都の観光情報を入手できる鳶屋書店やスターバックス、2階はランチやディナーも楽しむことができるカフェ&レストラン、3階は旅の疲れを心身ともに癒すのに最適な休憩スペースなどがあり、観光の拠点としてもおすすめの施設です。

■営業時間:9:00~22:00
■定休日:年中無休
■住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
■最寄駅:東山駅
■公式HP:http://rohmtheatrekyoto.jp/

 

■アサヒビール大山崎山荘美術館
「別荘気分が味わえる数少ない施設」ともいわれるアサヒビール大山崎山荘美術館。大阪府と京都府の境、標高270mの天王山の中腹に位置するこの美術館は木津川、宇治川、桂川が淀川へと合流する光景を間近で望むことができるため目の保養になること間違いなしです。

大正時代から昭和にかけて活躍した有名実業家の加賀正太郎が昭和の初期に設計した英国風の建物を復元整備したのが当美術館であり1996年に開館しました。ちなみに本館でもある「大山崎山荘」は登録有形文化財になっており、この他にも1995年に竣工された「地中館」、2012年に竣工された「山手館」といった建物とともに訪れる人に多くの癒しと美しさを与えています。

アサヒビール大山崎山荘美術館のコレクションは現アサヒビールの創業者でもある関西の大実業家・山本為三郎が収集したものであり、民芸運動に参加した作家の陶磁器など数々の作品を目に焼きつけることが可能です。

陶磁器以外にも日本画、西洋絵画、現代彫刻など約1,000点を所蔵しており、そのうち約100点ほどを常設しているといいます。年間を通して数回のイベントを開催したり、地域と連携した地元愛にあふれる催しにも注目です。美術館までは若干急な坂道を登らなければいけないため、体力に不安がある方は駅から無料で出ているシャトルバスを利用するのがおすすめです。

■営業時間:10:00~17:00
■定休日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館日)
■住所:京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
■最寄駅:大山崎駅・山崎駅
■公式HP:http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

 

■重森三玲庭園美術館
昭和を代表する作庭家でもあった重森三玲の書院・庭園となる美術館。1789年、寛政元年の建築とも伝えられている書院は江戸の雰囲気を肌で感じるには十分でありこれだけでも歴史を楽しむことが可能ですが、これ以外にも重森三玲自らが設計した茶席、茶庭、庭壺が目の前に広がっており江戸と近代が融合したその風景はこの美術館ならではの美しさを醸し出しています。

書院は国の重要文化財にも指定されているほどで、庭園を中心に力強さというのも肌で感じることができる施設ではないでしょうか。ちなみにこの美術館は完全予約制となっているため、全国的にも人気観光地の京都にありがちな人混みで疲れるという心配をする必要は全くなく、静かな落ち着いた空間の中で美しい庭園をゆっくりと眺めることができます。

東福寺、松尾大社庭園、光明院波心庭など数々の有名な寺社仏閣の庭園も手掛けてきた重森三玲こだわりの旧邸を心ゆくまで満喫してみてはいかがでしょうか。ご親族の解説付きだから重森三玲にそんなに詳しくないという方でも安心・安全です。

■営業時間:11:00~・14:00~(解説付見学を1日2回実施)※前日の17:00までの予約が必要
■定休日:月曜日・年末年始
■住所:京都府京都市左京区吉田上大路町34
■最寄駅:出町柳駅
■公式HP:http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/association-jp.html

Leave a Reply